詐欺調査BLOG

【徹底調査】株式会社SKYのcolor(カラー)は詐欺か?

オンライン会議やセミナーによる動画の活性化

time 2020/08/04

動画ビジネスと言えばどうしてもYouTubeといったプラットフォームに動画を投稿、広告収入を得ることがビジネスの基本だと考えがちでした。場合によっては一般ユーザに対しては様々なコンテンツを視聴することによる血管の収入を想定することがメインだったと思います。
動画ビジネスと言えばどうしてもYouTubeといったプラットフォームに動画を投稿、広告収入を得ることがビジネスの基本だと考えがちでした。場合によっては一般ユーザに対しては様々なコンテンツを視聴することによる月間の収入を想定することがメインだったと思います。しかしながら、働き方の多様化、新たな働き方を考えることが急速にスピード化し、オンラインでのコミニケーションがビジネスでは当たり前になりつつあります。
もちろん単純なオンラインの会議だけであればパッケージ化されたソフトで十分に賄うことができます。
しかしながらそれだけではなく、ウェビナーといったオンラインを活用したセミナー、様々なコンベンション会議、オンラインでの展示会といったリアルとは別の場所で展開するオンラインの場が重要視されるようになっています。
パッケージ化されたソフトだけでは賄えない、どうしても提案から納入、運用までに必要とするビジネスがここに生まれています。
例えばウェビナーに関してはある程度、パッケージ化されたソフトで運用が可能かもしれません。しかしながら実際にリアルタイムで配信するにあたってのカメラワークや、プレゼンの動画の資料作成、ネットワークの調整などを考えるとそうそう簡単にうまくいくものでもありません。
まずは、システムをフォローするためのビジネスがそこに生まれてくることになります。クライアントがどのような設定でウェビナーを進めたいのか、動画はどのようなレベルが必要なのか、オンラインの動画ではどれほどの画質を必要とするのかなどをゼロから確認する必要があります。そしてそれに基づいた動画制作、配信を行うのでかなりの技術も必要となり、ひいては収入にもつながってきます。
もちろん、このような動画に関するビジネスはいちどクライアントとパイプができれば継続したリピーターとして、お付き合いがしやすくなります。まずは提案力を磨き、クライアントと深い結びつきを作ることから考えるべきだとおもいます。結果として、すべてのステージに置いて提案力も上がり、相乗効果が生まれてきます。